海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のエビ・カニ・他> エビの仲間

Izuzuki Diver

ビイドロカクレエビ

Ancylomenes adularans

解説

ビイドロカクレエビ
2019年2月 大瀬崎 -26m

ビイドロカクレエビとハクセンアカホシカクレエビトサカクレエビサガミツノメエビが1つのスナイソギンチャクに着いてるよ〜、とお得な情報を教えてもらって会ってきました。
それにしても、ビイドロカクレエビとトサカクレエビは、どっちもはさみを前に突き出すポーズやよく泳ぐところがそっくりで、同じ種類なんじゃないの〜?って印象を持ってしまいましたが、家で写真を見比べてみると胸の白線以外にも点の入り方など、結構違うことがわかります。
歳をとるとこーゆーところがガサツになっていけませんね〜。(^^;;

お勧め Watching Point

湾内@大瀬崎のちょっと深めのスナイソギンチャクに着いていました。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!