Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ニザダイ > シマハギ

シマハギ

Acanthurus triostegus

解説

シマハギ
2021年11月大瀬崎 -1m

コイツはまぁ、だいたい秋になると伊豆海に現れるんだけど、エントリー口付近とかの浅場でチョロチョロしてるもんだから、メチャメチャ写真が撮りにくいのです。
コイツラは大人になっても浅場に群れてるヤツラだから、単に浅場が好きなだけなのかも知れませんが、ひょっとしたら同じく浅場チョロチョロでシマシマ系のオヤビッチャの群に紛れて身を守ってるのかも知れませんね。なんてことは、逆にシマハギがそんなに多くない伊豆の海じゃないと、気付かないことなのかも知れない。

シマハギの群れ岬の先端@大瀬崎というポイントは突然南国になっててビックリさせられます。2002年秋には、シマハギが群れてました。
(2002-10 大瀬崎 -1m)

お勧め Watching Point

オヤビッチャのチビが群れるような浅場でウロチョロしてます。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!