海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のサカナ> スズメダイの仲間>オヤビッチャ

Izuzuki Diver

オヤビッチャ

Abudefduf vaigiensis

解説

オヤビッチャ
2018年11月 大瀬崎 -4m

オヤビッチャは伊豆の海に流れて来る死滅回遊魚の代表格で、夏を過ぎる頃には背が立つような浅場にたくさん群れるようになります。そして、秋にはもうすっかり成魚と言えるようなサイズに育つこともありますが、僕が見ている範囲で越冬したり繁殖しているところは見たことがありません。個体数が多いんだから、たまには突然変異的に越冬するヤツが現れてもいいように思うのですが、人一倍水温変化に弱い種なのでしょうか。

オヤビッチャの虹崩れ抜きこの日はベタ凪の大瀬崎、水底に映る波紋が虹色で綺麗でした。ストロボ炊いて虹メルしてみましたが、やっぱりシャッタースピードが遅いと色が混じってキレイな虹にならないですね。
(2012-12 大瀬崎 -1m)

オヤビッチャ夏から秋にかけて、伊豆の海の浅場で権勢を振るうオヤビッチャですが、毎年気づくといなくなっています。
考えてみれば弱ったオヤビッチャを見た記憶がありません。
そんなオヤビッチャに、水温15度の1月に出会うことができました。元気そうに泳ぎ回っていましたが、写真を拡大してみるとさすがに痛んでました。
ボロボロになりながらもオヤビッチャとしてのスタイルを崩さない姿にちょっとだけ感動〜。
(2018-01 大瀬崎 -2m)

お勧め Watching Point

秋の伊豆では、足がつくような浅場にたくさんいるし、流れ藻も要チェックです。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!