Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > カサゴ・カジカ > セトミノカサゴ

セトミノカサゴ

Parapterois heterura

解説

セトミノカサゴ
2005年9月 大瀬崎 -15m

図鑑でミノカサゴのページを開くと似たようなサカナがたくさんいて、セトミノカサゴもミノカサゴファミリーの1種類に過ぎないって感じでしたが、実際に会った印象はTheミノカサゴとはちょっと違ってました。均整のとれた長いヒレはカッコイイし、何より僕の後をつけてハゼを引っ込めたりしないのが好き。(はあと)

セトミノカサゴのヒレ大きな胸ビレの内側の模様は個性的です。
(2005-09 大瀬崎 -15m)

セトミノカサゴの♀大きな個体に言い寄られてたし、おなかも大きかったんでコイツは♀だと思います。
(2005-09 大瀬崎 -15m)

セトミノカサゴyg小さめの個体が浅場にいました。浅いと赤いサカナは目立ちますね〜。すぐもっと大きなサカナ食われちゃいそう。(^^;)
(2021-03 大瀬崎 -2m)

お勧め Watching Point

湾内@大瀬崎に住み着いてるようです。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!