Izuzuki Diver

海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のサカナ図鑑> カサゴ・カジカ

ミズヒキミノカサゴ

Pterois paucispinula

解説

ミズヒキミノカサゴ
2020年11月 大瀬崎 -38m

ミノカサゴの仲間はヒレが大きいから、波の強いところは水の抵抗が大きくて苦手なのかもしれません。そのせいか、比較的穏やかな大瀬崎に比べて、波洗うIOPにはミノカサゴの仲間が少ないように感じます。
自分も大瀬崎をホームゲレンデにしてから、ヒサビサにIOPで潜ると、体が固定できなくて、全然思い通りに撮影できないし。。。

ネッタイミノカサゴと似ていますが、ミズヒキミノカサゴは胸ビレ軟条がシマシマで、体色も少し淡いようです。

お勧め Watching Point

秋から冬にかけて、トサカなどのソフトコーラルに寄り添ってることがります。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!