Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ハタ > オジロバラハタ

オジロバラハタ

Variola albimarginata

解説

オジロバラハタ友人H氏が、越冬もののオジロバラハタがいると言っていたけど、まさかこんなに大きな個体とは思ってなかったので、オドロキでした。1回の越冬ではここまで大きくならないと思いますが、2年くらいはここにいたってことなのでしょうか・・・?
ところで、オジロバラハタのピンクの水玉は、育っても増えないタイプなのですね。キジハタは育つにつれて水玉の数が増えて行って、どんどん模様が細かくなるタイプでしたが、同じ水玉のハタでもそんなところが違って面白い。
(2022-10 大瀬崎 -17m)

オジロバラハタ「今週の〇〇~!! 第506回 その白線、ムダじゃないですか!?(2013-12-01)」より
岩陰からちょろちょろ出たり入ったりして、ハタのチビッコらしいシャイなサカナです。写真で見るとえらくキレイなサカナなのですが、水中ではジミなので周りのイトヒキベラygに溶け込んでいます。もちろん眉間の白線はかなり目立つので、イトヒキベラyg溶け込み作戦は失敗しているように見えます。この白線は何かコイツの役に立っているのでしょうか?その白線、ムダじゃないですか!?
(2013-11 大瀬崎 -32m)

オジロバラハタ初めて出会ってから3週間潜りに行けなかったのですが、まだいてくれました。しかも結構育ってる!!鼻筋の白線は消え、パッと見はツートンカラーに見えました。いっそ尾ビレの縁が白くなるまで育て~!!
(2013-12 大瀬崎 -30m)

お勧め Watching Point

ガレ場の岩陰からこちらを窺っていました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!