海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のサカナ> スズメダイ図鑑

Izuzuki Diver

ゲッコウスズメダイ

Chromis tingting

解説

ゲッコウスズメダイ
2004年2月 IOP(伊豆海洋公園) -48m

「今週の〇〇~!! 第181回 スジは出ないの?(2004-02-10)」より
久しぶりに僕らがマダラ岩と呼んでる場所に行ってみました。マダラハナダイはほとんど見かけませんでしたが、やっぱり深場のサカナたちのたまり場になってて、楽しいところです。
コイツはそんな中の1匹、友人が教えてくれたトウカイスズメダイと思しきスズメダイです。5~6cmほどの結構しっかりしたサイズですが、トウカイスズメダイ成魚のような体の中心を走るスジが出ていません。そんなスジが現れてくる素振りもありません。
一体どのくらいになるとスジが出てくるんだろ~?と思って魚類DBを検索してみたら、メチャメチャちっちゃそうなのにしっかりスジが出てるヤツなんかもいたりして、ワケがわかりません。ホントにどっちもトウカイスズメダイなの~?

当時はトウカイスズメダイと混同されていてこのように混乱していました。(^^;;

ゲッコウスズメダイこのスズメダイに初めて出会った日のブリマチ@IOP深場はものすごくキレイだった。普段抜けてても暗い伊豆の深場だけど、この日は明るくて青い海、、、、そんなとき、ヒレが黄色いスズメダイが一匹、目にはブルーに輝くアイシャドウ、、、死滅回遊魚かにゃ?思って、とりあえず写真を撮っておきましたが、出来はイマイチ。。。
後で、と~っても深~いところに棲んでるスズメダイだって聞いて、ビックリ!!
そもそも、深場に棲むスズメダイってものがいるのを知りませんでした。こーゆー時のためにサカナは覚えておかなくちゃ。

ゲッコウスズメダイ大人になるとアイシャドウが無くなってキレイじゃなくなるのですが、このくらいがまぁギリギリでキレイなサイズでしょうか?
コイツは神出鬼没ジンクスを破って、同じ場所に定着してくれました。
(2004-09 IOP -40m)

以前からトウカイスズメダイのスジ有りタイプとスジ無しタイプが同じ種類には見えなかったのですが、「相模灘産魚類目録および黒潮流域の沿岸性魚類の動物地理」(瀬能ほか2006)ではめでたく(?)別種扱いになっていました。当サイトでトウカイスズメダイ(Chromis mirationis)として掲載してたスジ無しタイプは多分未記載種ということになりそうです。
そもそもコイツがトウカイスズメダイと呼ばれてたのは日本産魚類生態大図鑑(東海大学出版会)山渓フィールドブックス・海水魚(山と渓谷社)にトウカイスズメダイと掲載されてたからだと思うのですが、高知大学理学部自然環境科学科海洋生物学研究室ホームページによると、この図鑑を作った故益田一氏がその以前にヒトスジスズメダイを記載したけど、トウカイスズメダイのジュニアシノニム(つまり同じ種類だよ)ってことになったそうです。名前から察するにヒトスジスズメダイはスジ有りタイプだったでしょうから、益田氏は両方のタイプが別の種類だと思いながら新種にする方を間違えたんじゃないかしら?なんて。。。(笑)
(2006-10)

大瀬崎に現れたゲッコウスズメダイ岬の先端@大瀬崎の深場で、ナガハナダイの群れに囲まれてチョット居心地悪そうでした。IOPではソコソコ見かけるけど、大瀬崎では少ない印象のサカナですが、大瀬崎の深場はナガハナダイに囲まれて落ち着けないからかな?
(2012-05 大瀬崎 -51m)

新種として記載されて和名もつきました。(^^)
(2019-04)

お勧め Watching Point

IOPでは深いところに行けば結構群れてたりもするらしいですが、それって一体どの位の深さのことを言ってるんだろう。。。(^-^;;

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!