Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > キンチャクダイ > アブラヤッコ

アブラヤッコ

Centropyge tibicen

解説

アブラヤッコ
2011年11月 大瀬崎 -15m

伊豆に流れてくるヤッコの定番的な存在ではあるけど、臆病なヤツなんでまともに撮ることは結構難しいのです。そして、深~い紺色に白いブチや黄色い縁取りが入ってて、この高いコントラストをどの露出で撮影するか悩みます。

アブラヤッコの超チビ2cmくらいのチビッコです。まだヒレの青い縁取りも腹ビレ臀ビレの黄色も入ってなくて、色彩的には寂しいですが、なんと言っても白い模様が目立ちます。これがなかったら遠目にはチャイロヤッコと区別が付かなくなりそうですが、そうなってないのが都合が良い!ダイバー想いのサカナですね。(^^
(2020-09 大瀬崎 -6m)

アブラヤッコのオス少なくとも2回は越冬した個体をちらほら見かける2021年。お腹の大きなメスもいるから、まず間違いなく繁殖が始まっています。後は僕らが立ち会える時間にやってくれるか?だけです!
(2021-08 大瀬崎 -12m)

アブラヤッコ眼の後ろのあたりが茶色くなってる個体がいました。これは婚姻色かな?関係ないかな?
(2021-08 大瀬崎 -12m)

お勧め Watching Point

最近は秋の伊豆でチラホラと見かけます。なかなか撮れないけど。。。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!