Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ゴンベ > オキゴンベ

オキゴンベ

Cirrhitichthys aureus

解説

オキゴンベ
2006年11月 大瀬崎 -18m

湾内@大瀬崎を潜ってちょっと驚くのは、オキゴンベがダイバーを見つけると寄ってくるんです。IOPにもオキゴンベはいるけど、彼らはダイバーを見ても迷惑そうに去って行くだけだから、ちょっと違和感があります。
最初は単に餌付けされてるだけなのかなぁと思ってたんだけど、結構深いとこにいるヤツも寄ってくるんです。深い水深では餌付けられたヤツはいないと思うのですが。。。単に大瀬ダイバーはサカナに好かれてるけど、IOPダイバーは嫌われてる???(汗)

オキゴンベ(斑)湾内@大瀬崎みたいなサンゴの少ないところにいるオキゴンベは概ね鮮やかなオレンジのソリッドカラーだけど、ウチワに付いてるヤツはこんな斑模様を出してるヤツが多い。地味なところにいる方がきれいな色を出すサカナってのも珍しい。。。

オキゴンベyg幼魚は鮮やかな黄色のボディで、しかも背景がキレイなところにいるので、写真のモデルにうってつけです。(^^)
(2010-11 大瀬崎 -26m)

オキゴンベ老成魚でしょうか?IOPで見かけた巨大なオキゴンベは、周りのオスを軽く蹴散らす貫禄でした。でも色は可愛いピンク色。(笑)
(2017-07 大瀬崎 -18m)

オキゴンベの産卵上昇この日は、オキ、ミナミ、ヒメのゴンベ産卵3種盛りを観察して、去年撮れなかったヒメゴンベの産卵を撮影できて喜んでいたのですが、よく考えたらオキゴンベも撮れたのは初めてでした。(嬉々)
撮りやすい方向に産卵上昇してくれた、空気の読める良い子のペアでした。(^^)
(2021-07 IOP -11m)

オキゴンベの放卵産卵上昇の頂点で、放精&放卵が行われます。
紐状に見えるのは卵塊で、産み出された時は卵が繋がってますが、漂いながらバラバラになっていきます。
メスが懸命に放卵してるのにオスはとっとと水底に戻るのはゴンベの産卵の標準スタイル。(^^;)
(2021-07 IOP -11m)

お勧め Watching Point

伊豆各所にフツーにいますよ。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。