Izuzuki Diver

伊豆のエビ・カニ・他 > ヤドカリ > テブクロイトヒキヤドカリ

テブクロイトヒキヤドカリ

Nematopagurus gardineri

解説

テブクロイトヒキヤドカリ生き物のことを語るとき、名前を取り上げるのってイージーな気がしますが、コイツの名前だけはスルーできない。手袋を付けたイトヒキヤドカリと言う形容は、ピッタリすぎです。。。でも、イトヒキヤドカリを知らなかったら「なんのこっちゃ?」だろうけど。。。
(2009-04 大瀬崎 -8m)

若い個体茶色っぽいジミな色彩のヤツもいます。赤い部分がくすんでる個体は足元の紫も控えめでジミです。・・・それって、撮り方がヘタッピなだけ?
(2008-10 大瀬崎 -7m)

白っぽい個体白っぽい個体です。ヤドカリは色味が個体によってバラつくので、結構カラバリによって印象が変わります。だから、なるべく多くのカラバリを集めたいのですが、どのカラバリを撮ったか覚えてられないので、とにかく片っ端から撮っておきたいところですが、出待ちが面倒です〜。
(2022-07 大瀬崎 -9m)

お勧め Watching Point

浅場によくいますが、ちっちゃいので肉眼では良く分からず、写真を後で見て「ああ、コイツだったのね」ってパターンがほとんど。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!