Izuzuki Diver

海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のエビ・カニ・他> ヒトデ・ウミシダ

ウミシダの一種3

Clarkcomanthus albinotus

解説

ウミシダの一種3
2018年5月 大瀬崎 -7m

普段ウミシダの種類なんか気にせず生きてきましたが、ふと目の前のウミシダが初めて出会ったヤツのような気がしました。目の前の生き物と初めて出会った気がする場合、大抵勘違いなのですが、とりあえず写真を撮ってみました。

ウミシダの一種3のB面ウミシダの種類を見分けるのはB面を撮っておくと良いみたいです。もちろん腕の感じとかも見分けポイントになると思いますが、裏に付いてる足の感じも種類によって違うようです。ウミシダをひっくり返すとイヤイヤしてかわいそうだけど。。。
(2019-04 大瀬崎 -16m)

ウミシダの一種3このウミシダ、目立つウミシダなんで何となく定点観察していましたが、気付いたらいなくなってしまいました。
最初に出会ったのが2018年の5月で、最後に見かけたのが2019年12月30日でした。
ウミシダって思ったより動かない生き物なんですね〜。
どーでもいいお話でした。m(__)m
(2019-12 大瀬崎 -16m)

羽の部分の裏面に黄色いシマシマがある特徴から、フシナガクラークウミシダだと思ったのですが、ウミシダ研究者の方からフシナガクラークウミシダではない(不明種)と教えていただきました。ありがとうございます。m(__)m
フシナガクラークウミシダは転石下にいるタイプで巻枝が少ないそうです。

お勧め Watching Point

意識してウミシダをチェックしてるとニッポンウミシダに混じってるかも。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!