Izuzuki Diver

海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のエビ・カニ・他> ヒトデ・ウミシダ

ツヤウミシダ

Liparometra grandis

解説

ツヤウミシダ
2019年6月 大瀬崎 -11m

岬の先端@大瀬崎にはたくさんいて、フツーに目に付く大きさだし、(あんまりいないけど)ウミシダに興味のあるダイバーだったら誰でも認識しているであろうウミシダですが、名前がわかりません。うーん、ウミシダはムズい。

ツヤウミシダ腕を丸めて休んでる姿もよく見ます。休みのポーズも種類によって違いますね〜。
(2019-05 大瀬崎 -13m)

ツヤウミシダB面です。
巻き腕が2列になってるところとか、巻枝の数とか、腕の数とかが種類を見分けるポイントになると思うのですが、ちゃんと調べようと思ったらA面とか、巻枝のアップとかも撮っておかないとかな〜?
(2019-05 大瀬崎 -13m)

ツヤウミシダこの茶色いヤツも同じ種類かな〜?
(2019-06 大瀬崎 -15m)

ウミシダ研究者の方からツヤウミシダと教えていただきました。ありがとうございます。m(__)m

お勧め Watching Point

岬の先端@大瀬崎では足のつくような浅場からフツーにいます。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。