Izuzuki Diver

伊豆のエビ・カニ・他 > エビ > サラサエビ

サラサエビ

Rhynchocinetes uritai

解説

サラサエビ
2010年1月 大瀬崎 -6m

このエビははっきり言って、伊豆では珍しくも何ともないエビで、ダイバーが一番最初に目にするエビじゃないでしょうか?ホントにそこかしこにいます。でもね、、、岩陰に隠れてたり、ライトを当てたり手を近づけると、瞬間移動で奥のほうに隠れちまう。。。そんな奴なんで、なんだか僕が嫌われてるみたいで、あまり親しみを感じられない奴でした。
ところが、とあるダイビング雑誌でエビ・カニ特集をやったときに、「手を近づけてしばらくじっとしてると手をつついてくるよ!」ってなことが書いてあった。早速試してみましたよ~。そしたら、、、おお!!あのつれないサラサエビが僕の手をツンツンしてくれたぁ。感動です。o(T-T)
でも、よく考えて見ると、別にサラサエビは僕に対して友好的な感情を持ってくれたわけじゃなくって、僕の手が動かないから、、、つまり死んでると思ったから、、、食ってやろうと思って、、、要するに僕はサラサエビのエサになりかけてただけなんですわ。。。(^^;;

お勧め Watching Point

伊豆の海では岩があれば必ずいます。(キッパリ)

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。