Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > スズメダイ > ロクセンスズメダイ

ロクセンスズメダイ

Abudefduf sexfasciatus

解説

ロクセンスズメダイ
2005年11月 大瀬崎 -1m

ロクセンスズメダイは概ねオヤビッチャと同じような場所にいるんだけど、微妙に混じりながらもなんとなく別々にいるってのが面白いです。仲は悪そう~。

IOPのロクセンスズメダイコイツはオヤビッチャの群の中に紛れてるんで意識しないとなかなか気づかないのですが、意識して見てみると結構たくさんいて、「ヤラレタ~!!」って感じです。
「今年が特別に多いんだよね。」
「毎年こんなにいないよね。」
と、何故かロクセンスズメに言い訳をしてしまうのでした。
(2003-11 IOP -1m)

ロクセンスズメダイ浅場の岩陰で、引きこもりのロクセンスズメダイに出会いました。 ロクセンスズメダイって、オヤビッチャに紛れて中層を活発に泳ぎ回ってるイメージでしたが、コイツはいつも同じ岩陰をうろうろしています。 まぁ、こんなヤツがいてもイイよね。
(2021-11 大瀬崎 -1m)

お勧め Watching Point

ゴロタの浅場にいます。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

特徴

尾ビレにも黒いラインが入っているので、他の白黒スズメダイの仲間と見分けられます。