Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > カレイ > トゲダルマガレイ

トゲダルマガレイ

Bothus pantherinus

解説

トゲダルマガレイ
2021年6月 大瀬崎 -1m

「今週の〇〇~!! 第680回 絶対頭に流れてくるメロディー(2021-06-25)」より
大瀬崎1m倶楽部でトゲダルマガレイに出会いました。
長い胸ビレがちょっとカッコイイ!
そしてやっぱり頭の中にこのメロディーが浮かんできます。
「左ヒラメ右カレイと、言うけれど、言うけれど~♪私の私のカレイは、左向っき~♪」

トゲダルマガレイダルマガレイの仲間のまっ平らな体は砂地にとけ込むためなのでしょう。突出した目は周りを見渡すためなのでしょう。じゃあ、目の上におっ立つアンテナみたいな皮弁は何かの役に立ってるの?実はこの皮弁で数十m先の獲物を検知できるとかだったら凄いけど。。。
(2002-11 赤沢 -8m)

トゲダルマガレイ魚類検索を見るとトゲダルマガレイは胸ビレが長いので、コイツはセイテンビラメまたは別のダルマガレイか迷走しましたが、魚類DBを見ると必ずしも胸ビレが長いわけでも無いようなので、とりあえずダルマガレイとしておきます。
(2002-11 赤沢 -8m)

お勧め Watching Point

浅場の岩場だったり砂地だったり。。。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!