海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のサカナ> ハゼ図鑑

Izuzuki Diver

フタイロサンゴハゼ

Gobiodon quinquestrigatus

解説

フタイロサンゴハゼ
2016年1月 大瀬崎 -5m

「今週の〇〇~!! 第554回 落ち目が嬉しい(2016-01-24)」より
2015年の死滅回遊魚シーズンの伊豆は、年が明けても高水温をキープしています。大瀬崎の外海にポツンと生えてるテーブルサンゴに付くフタイロサンゴハゼも、大きく育ってくれました。個人的には、ずっといてくれるとダイバーの人気が落ちてきて、並ばずに撮れるのが嬉しい。

フタイロサンゴハゼ外海@大瀬崎に生えるテーブルサンゴは、すくすく育ってだんだん大きくなっています。おかげで新しい生き物に出会えて嬉しいのですが、不可逆な海の変化を見るようで少し不気味に感じます。
フタイロサンゴハゼも毎年出会えるサカナになってきました。・・・で、コイツはフタイロサンゴハゼで良いのかな?アワイロコバンハゼってよく似たヤツもいるらしいけど。。。
(2017-08 大瀬崎 -10m)

お勧め Watching Point

テーブルサンゴに付いてました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!