海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のサカナ> ベラ図鑑

Izuzuki Diver

ムスメベラ

Coris picta

解説

ムスメベラ
2016年8月 IOP(伊豆海洋公園) -16m

2の根@IOPと5番の間の砂地にはムスメベラがたくさん棲んでいて、そこに行くとどこからともなく集まってきて、大きいヤツなどはガンを飛ばしてきます。縄張りを守ってるにしては雑多な感じだし、それほどダイバーが行くとこではないから餌付けされてるハズはないし、僕らをクリーニングしにきたにしてはフレンドリーじゃないし、、、何を考えてるの???
それにしても、ヤツラは果敢に立ち向かってくるから、ピントが合わせづらい~。

婚姻色ムスメベラの婚姻色は黒い帯がかなり薄くなった上に腹が黄色くなって、いきなり出会うとムスメベラには見えなくてビックリします。そんな姿を写真に収めたかったけど、カメラを向けたところで冷水塊が襲ってきて、夏の熱気は一気に冷めてゆくのでした。
(2007-09 IOP -28m)

「今週の〇〇~!! 第624回 早すぎな前言撤回(2019-03-05)」より
ムスメベラyg今年(2019年)の冬、伊豆の海は高水温が続いていましたが、3月になって僕の能天気なダイコンもやっと16℃まで下がってきました。
でも、こんなチビッコがまだまだ続々と着底してきます。ここまで小さなコムスメに出会ったのは初めてだったので、興奮してしまいました〜。(^^;;
ちなみに、このムスメベラに出会う前の昼休憩中に、友人と大瀬崎で見かけないベラの話になって、ムスメベラも見ないよね〜って言ってたばかりなのに、すぐ出会ってしまった!!(^^;;)
よく考えたら、外海では何回か出会った気がする。。。いよいよ最近のことだけじゃなく、昔のことも思い出せなくなってきたか〜!(汗)
(2019-03 大瀬崎 -15m)

お勧め Watching Point

砂地と岩場の際あたりで見かけますが水深は若干深め。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!