Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ベラ > クギベラ

クギベラ

Gomphosus varius

解説

クギベラyg
2016年12月 大瀬崎 -2m

伊豆半島の海では、意外と南の海に住むサカナの写真が撮りやすいです。本来住んでいる暖かい海に比べて、伊豆半島の海は水温が低いからかも知れないし、伊豆では多くのダイバーに写真を撮られたりして人馴れしてるからかも知れません。
このクギベラも毎年伊豆半島の海に流れ着くヤツだけど、あまり写真が撮りやすい印象はありません。他の死滅回遊魚が写真に撮りやすくなる初冬になると、何故か姿を見ないのです。
コイツは一際水温の低下に弱いのか?
それとも僕との相性が悪いだけなのか??

クギベラのチビッコクギベラのチビッコは鮮やかなライムグリーンの体色が独特です。このライムグリーンは、小さければ小さいほど鮮やかって感じがしますが、小さければ小さいほど撮りにくいのがたまに傷です。
(2020-11 大瀬崎 -3m)

クギベラまだ背中が緑色ですが、ちょっとだけ吻が伸びてきて、クギベラの片鱗を伺わせます。
(2021-09 大瀬崎 -3m)

お勧め Watching Point

数はそれほど多くないみたいだけど、IOPでも大瀬崎でも。。。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!