Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ベラ > クジャクベラ

クジャクベラ

Paracheilinus carpenteri

解説

クジャクベラのオス
2021年6月 大瀬崎 -20m

H氏が「ピンクフラッシャーが越冬してペアになってる」と言うので、見に行ってみたら、あららフラッシングしてるじゃないですか!大瀬崎でこんな光景が見られるなんて、これは素敵です!
そして、その後H氏は産卵まで目撃できたそうで、どこまでハデに成長してくれるか楽しみにしていたのですが、案外あっけなくいなくなってしまいました。(;_;)
もう少しキッチリ撮りたかったな〜。

「今週の〇〇~!! 第22回 薬より風邪に効く?クジャクベラ(2000-11-22)」より
クジャクベラその日ベラフェチPは、風邪をひいてすこぶる調子が悪そうだった。あまり元気もなかった。コイツを見つけるまでは。。。ゲンキンなヤツ。(^-^;; それにしても、こんなのがIOPにいるなんてちっと前までは思いもしなかったけど、最近じゃ伊豆大島や大瀬崎ではさして珍しくないみたいだし、みんなよく見つけるよ。それとも、単に自分が知らなかっただけかな?

写真がしょぼかったので、同じIOPで撮影した別の個体の写真と入れ替えちゃいました。(^^
(2006-12 IOP -30m)

クジャクベラのチビチビピンクフラッシャーのチビはやっぱりカワイイです。まだ着底して間もないのかな?お腹がぷっくりしたチビチビに会えました。(^^
2000年、2001年は伊豆でも普通種?ってぐらいたくさん会えましたが、2002年、2003年は希少種になってしまいました。2004年は期待できるかな~?
(2004-10 大瀬崎 -15m)

クジャクベラ白い眉毛が消えてくると、身体にブルーの模様が入り始めます。この先のステージがなかなか伊豆では出会えないのですが。。。
(2008-12 大瀬崎 -28m)

フィラメントが1mm伸びたクジャクベラ2020年も年の瀬の大瀬崎で出会ったピンクフラッシャー。
背ビレのフィラメントが伸びてますよ~。(^o^)
まだ1ミリですが。
(2020-12 大瀬崎 -23m)

クジャクベラのメスこちらは2021年に産卵したとされるメスのクジャクベラです。オスがいなくなってからもしばらく見られたので、オスになる過程が観察できるかと思ったけど、メスがいないとそりゃいなくなっちゃいますよね。(^^;)
(2021-06 大瀬崎 -19m)

お勧め Watching Point

秋には伊豆でも子供がいるけど、本格的に見るなら南の海なのかな?

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!