海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のウミウシ> ヒトエガイ・フシエラの仲間

Izuzuki Diver

カメノコフシエラガイの一種2

PLEUROBRANCHIDAE sp.2

解説

カメノコフシエラガイの一種2
2019年5月 大瀬崎 -20m

コイツは最初砂まみれで砂地の上を歩いていたんで、フシエラガイのシルエットが目が反応しなかったら見過ごしていたと思います。砂まみれになってたのはわざとだと思うんだけど、身体に砂をつけてカモフラージュしてるウミウシって、よく考えたら他にはいないような。。。

砂を纏ったカメノコフシエラガイの一種2最初に目があったときは、こんな砂まみれでした。わざと砂を纏ってるように見えるんだけど。。。
(2019-05 大瀬崎 -20m)

泳ぐカメノコフシエラガイの一種2砂をつけてない時の姿を撮影しようと思って砂を払ったら、泳ぎだしてしまいました。泳げるんだ。(@_@)
(2019-05 大瀬崎 -20m)

お勧め Watching Point

湾内@大瀬崎で夜に出会いました。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!