海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のエビ・カニ・他> 二枚貝図鑑

Izuzuki Diver

イタヤガイ

Pecten albicans

解説

イタヤガイ
2019年01月 大瀬崎 -16m

湾内@大瀬崎でよく見かけるイタヤガイ、昼は砂に潜って隙間から目を覗かせていますが、ナイトダイビングで丸出しなヤツに出会いました。夜に出歩くのかな?

そんなイタヤガイ、実はすごく美味しいらしいのですが、漁獲量が安定しないため水産資源的な価値は高くないようです。
そうなんだ、、、一度食べて見たいものです。

砂に潜ってるイタヤガイコイツの貝殻は表裏がハッキリしていて、表は平らで裏は丸まっています。普段は平らな面を上にして砂に埋まりながら、貝を少し開いて軟体部を出しています。最初に掘り起こしてみたときは、想像以上の厚みにびっくりしました。(^^;
(2017-12 大瀬崎 -18m)

イタヤガイのB面人魚がブラジャーにしそうなインパクトのある風貌の貝殻ですが、こちらはB面です。
こちら側を下にして生活しているので、掘り起こしたりひっくり返さないと目にできないのです。
(2019-01 大瀬崎 -16m)

お勧め Watching Point

湾内@大瀬崎では砂地でよく見かけます。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。