Izuzuki Diver

伊豆のエビ・カニ・他 > サンゴ・イソギンチャク > ニチリンイソギンチャク

ニチリンイソギンチャク

Phymanthus muscosus

解説

ニチリンイソギンチャク
2020年12月 大瀬崎 -3m

ニチリンとは大きく出た名前です。(^^)
確かに、単体で見れば触手がモシャモシャしてて、他のシュッとしたイソギンチャクに比べるとゴージャスな感じなんだけど、海底では意外と周囲に溶け込んで目立たないんですよね〜。

お勧め Watching Point

浅場の岩場で石の間から触手を伸ばしていました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!