海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のエビ・カニ・他> 巻貝図鑑

Izuzuki Diver

ナシジダカラ

Erosaria labrolineata

解説

ナシジダカラ
2013年1月 大瀬崎 -5m

ナシジダカラの幼体です。まだタカラガイらしい分厚い口の部分もできていないし、貝殻もナシジダカラらしい水玉ができていません。いつかちゃんと成貝の写真を撮ってここに載せたいとは思っていますが、軟体部ははきっと大差ないでしょう!

ナシジダカラA面外套膜をツンツンして貝殻を出してみましたが、茶色一色でした。
貝殻の口の部分がまだ薄くて割れそうだったんで、B面を撮るのはヤメておきました。
(2013-01 大瀬崎 -5m)

お勧め Watching Point

IOPではよく貝殻が落ちていたけど、大瀬崎ではそれほど見かけません。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!