Izuzuki Diver

伊豆のエビ・カニ・他 > カニ > ヒメメナガオサガニ

ヒメメナガオサガニ

Macrophthalmus microfylacas

解説

ヒメメナガオサガニ 「今週の〇〇~!! 第701回 苦節1年の成果(2022-04-15)」より
2021年から平日の大瀬崎に行ったときは、必ず狙うのがコイツ!
湾内の浅場にたくさんいるけど、全然撮れない目の長いカニです。
今日も狙ってみましたが、相変わらず引っ込まれてばっかりです。でも、そんな中でもちょっと寄らせてくれる良いコがいたので、何とかカニとわかるレベルの写真が撮れました。v(^^)
横からですが。。。正面に回り込もうとしたら引っ込まれましたが。。。1年ぐらいかけた成果です。v(^^)v
で、コイツ、ヒメメナガガザミだと思っていたけど、違いました。FBでヒメメナガオサガニと教えていただきました。ありがとうございます!
干潟にいるシオマネキなどに近い仲間のようですが、水面から出ないヤツみたいです。
ちなみに、メナガオサガニは放射状の足摺痕を作るそうですが、コイツの足摺痕は常に1本なので、そこで見分けられるのかも。
(2022-04 大瀬崎 -1m)

ヒメメナガオサガニの抜け殻 近くに落ちてた抜け殻も撮っておきました。中身入りはなかなか寄れないので。。。(^^;)
(2022-04 大瀬崎 -1m)

ヒメメナガオサガニのメス 写真には写っていませんが、右のハサミが大きくなかったので、メスだと思います。
水温が上がってきたせいか、ダイバー慣れしたのか、自分の寄り方が上手くなったのか、少しずつ撮らせてくれるようになってきた気がします。とは言え、まだまだスーパートリミング写真しか撮れてないのですが。。。
(2022-05 大瀬崎 -1m)

ヒメメナガオサガニの背中 中身入りの背中が撮れました。少し離れたところから見ると、周りに落ちてる小石とまるで一緒です。引っ込まれる前に気づくのはなかなかハードです。
(2022-05 大瀬崎 -1m)

お勧め Watching Point

内湾の泥っぽい浅場にいます

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!