海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のエビ・カニ・他> エビの仲間

Izuzuki Diver

ヒメセミエビ

Scyllarus cultrifer

解説

ヒメセミエビ
2019年1月 大瀬崎 -21m

伊豆の岩場でナイトダイリングをやると、ライトを向けた先でビカビカっと光るモノがあります。「なんだろぅ~。。。」光の先を恐る恐る覗いてみると、こんなダメオヤジ顔のエビがいてズッコケます。
まぁ、夜な夜なダメオヤジの目が光ってるのも、考えようによっては怖いモノがありますが。。。(笑)

ヒメセミエビad昼間は岩の亀裂の奥とか転石下に潜んでるけど、夜な夜な出てきて目を光らせてます。
(2008-05 大瀬崎 -5m)

ヒメセミエビ(脱皮)湾内@大瀬崎でナイトダイビングをしたとき、脱皮途中で固まってるヤツがいました。
ダイバーがロクハンのカブリを脱げなくてもがいてる姿に似ていて、笑ってしまった。

ヒメセミエビちょっと変わった色のヒメセミエビがいました。まるでカビでも生えてるようなビミョーな色合いと質感。食卓に上がったら食べるのを少し躊躇してしまいそうです。それが狙い??
(2009-01 大瀬崎 -6m)

お勧め Watching Point

日中は岩の穴の奥のほうを覗くと会えるかも。夜はそこらじゅうに出てきています。砂地よりは、岩場に多いかな?

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。