海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のサカナ> その他

Izuzuki Diver

リュウグウノツカイ

Regalecus russelii

解説

リュウグウノツカイ
2018年11月 大瀬崎 -0m

「今週の〇〇~!! 第616回 狙ってたくせにビックリ(2018-11-21)」より
プランクトンウォッチングにうってつけの潮が入ってきてるということで、この日はタンクずっと水面付近を漂ってきました。
そして、狙い通りリュウグウノツカイGET!
・・・出来過ぎです。
このシルエットが目に入ったとき、狙って潜ってたくせにビックリしました。(笑)
それにしても、2018年の11月に入ってきた潮は凄かった。大瀬ダイバーからは「またリュウグウノツカイ〜?」と食傷気味な声が聞こえそうです。(^^;;

リュウグウノツカイの顔スパッと切った棒切れのような顔。不思議な生き物です。(^^)
(2018-11 大瀬崎 -0m)

リュウグウノツカイ2018年は11月に引き続き、12月にも深海魚フィーバーの潮が来ました。そして、運良くこの時もリュウグウノツカイに出会うことができました。1ヶ月分の成長なのか、ちょっと大きな個体でした。(^^)
が!!!、出会ったのが岸壁沿いすぎたせいで、僕と目が合った次の瞬間、ヤツは岸壁に突っ込んで、髪の毛(背ビレ)が岸壁のフジツボに引っかかって身動き取れなくなってしまいました。なんとか救出しましたが、波に翻弄されたせいで本来ピカピカの魚体はボロボロに。。。あーあ。
(2018-12 大瀬崎 -0m)

お勧め Watching Point

2018年の大瀬崎では連日のように目撃されてる期間がありました。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!