Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ハゼ > ニシキオオメワラスボ

ニシキオオメワラスボ

Gunnellichthys curiosus

解説

ニシキオオメワラスボ
2021年10月 大瀬崎 -10m

細い体でふにゃふにゃ泳ぐ姿はオリジナリティー溢れすぎていて、ハゼって感じがしないのですが、分類上はハゼってことになっています。
ふにゃふにゃしながらもビミョーに逃げていくし、雑に迫ると砂に潜ってしまうし、AFだとピント迷うし、撮影はちょっと面倒臭いヤツなのです。

「今週の〇〇~!! 第20回 ふにゃふにゃ泳ぐニシキオオメワラスボ(2000-11-10)」より
ニシキオオメワラスボ2000年にIOPでスジクロユリハゼが見つかる前、大瀬や伊豆大島でスジクロユリハゼが見つかってるから、IOPにもいないかなぁ?と思ってブリマチ@IOPに行ってみたら、代わりにこんなのがいました。図鑑で見るとちと気持ち悪いヤツって感じだけど、実際に会ってみると体を屈伸して泳ぐふにゃふにゃ泳ぎはとってもコミカルでした。英名のネオンワームゴビーはかわいそうな名前だけど、かなり的を得た名前ともいえます。
(2000-11 IOP -40m)

お勧め Watching Point

転石混じりの砂地で出逢いますが、伊豆では死滅回遊魚だと思います。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!

特徴

ダイダイオオメワラスボとは尾鰭付け根の点で見分けられます。