Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ハタ > ルリハタ

ルリハタ

Aulacocephalus temminckii

解説

ルリハタ
2012年4月 大瀬崎 -24m

伊豆の海でフツーに会えるヌノサラシの仲間はコイツだけです。ヌノサラシの仲間なんで体の表面から毒を出すそうです。キレイなバラには毒があるんですね。
ところで、コイツは伊豆ではそれほど珍しいサカナじゃないと思うんだけど、なぜか僕は子供のルリハタに会ったことがありません。サカナの中には子供の頃の方が深いところで暮らすヤツがいるって聞いたことがありますが、コイツもそんな食えないヤツなんでしょうか?

ルリハタルリハタのチビッコは黄色の部分が多くて別のサカナのような色彩なのですが、この体長3cmほどの個体は、もうすっかりオトナと同じ色彩ですね。ぱっと変わっちゃうんですかねー?
(2021-09 大瀬崎 -40m)

お勧め Watching Point

いる場所に行けば、ほぼ1年中会えます。根の壁などの暗~いとこが好きみたい。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!