Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ギンポ > ミノカエルウオ

ミノカエルウオ

Istiblennius enosimae

解説

ミノカエルウオ9月にチビッコを何匹か見かけたと思ったら、11月には4〜5cmに育ったヤツを見かけるようになりました。成長速っ!下手したらもう成熟してるんじゃ無いだろうか?
しかし、このくらいのサイズだとタテガミカエルウオとの違いがムズいです。いろんな要素をかき集めてミノカエルウオとしましたが、合ってるかな?
(2022-11 大瀬崎 -1m)

ミノカエルウオ「今週の〇〇~!! 第718回 逆磯遊び(2022-09-11)」より
この日は北東の風が吹いて、涼しい秋晴れの1日でした。
西向きの外海@大瀬崎があまりにベタンベタだったので、満潮時に潮間帯〜潮下帯の生き物と戯れてきました。
普通の磯遊びは干潮時にやるものですが、水中からアプローチする際は満潮時が良いですね。逆磯遊び?ですね!
ミノカエルウオはお初の出会いでしたが、いっぺんに数匹を見かけてしまいました。
ちょっと育った個体は大人とほとんど同じような色合いですが、小さい個体は白い涙模様が輝いていて、見慣れれば目立つのですが、一瞬サカナには見えないのです。そーゆー戦略もアリですね!
(2022-09 大瀬崎 -1m)

ミノカエルウオミノカエルウオの幼魚は白い涙模様が特徴的ですが、この個体は少し育ったところなのかな?涙模様の痕跡は残しつつ、ほぼオトナと同じ目立たない色彩になっています。
どちらもカワイイ!
(2022-09 大瀬崎 -1m)

ミノカエルウオ初冬に出会った個体です。エントリ口に近くてダイバーがたくさん通る場所にいましたが、警戒心が強くて全然ダイバー慣れしてない感じでした。いなくなる前に慣れてくれるのでしょうか?
(2022-12 大瀬崎 -2m)

お勧め Watching Point

柵下@大瀬崎のエントリしてすぐのところや、岬の先端@大瀬崎の棚の上にいました。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!