海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のウミウシ> タテジマウミウシの仲間>フトウネオトメウミウシ

Izuzuki Diver

フトウネオトメウミウシ

Dermatobranchus gonatophora

解説

デルマトブランクス・ゴナトフォラ
2003年2月 大瀬崎 -17m

コイツをネットで見たときは、何故か日本にいなさそうな外人のウミウシという感じがしました。後で考えてみたら、その写真を見たのはボーランド博士のサイトなんで、沖縄で撮られた写真だったんですが、いずれにせよ気持ち的に遠い存在だったのです。
まさか伊豆で出会えるとは。。。
それにしても、このエッチングして作ったみたいなヒダヒダを見てると朱肉に押しつけて判を押したくなるのは僕だけでしょうか?(笑)

デルマトブランクス・ゴナトフォラ伊豆ではなかなか会えないウミウシだと思うので、会えたらラッキーだと思うんだけど、このグチャっと固まってるブキミな姿を見て、すぐにウレシイと感じる人はあまりいないかも。。。
(2008-09 大瀬崎 -44m)

日本のウミウシ (ネイチャーガイド)では和名が提唱されました。

お勧め Watching Point

2003年冬の岬の先端@大瀬崎で一度だけ。。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!