海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ >

Izuzuki Diver

コヤナギウミウシの一種1

Janolus sp.

コヤナギウミウシの一種1
2003年5月 IOP(伊豆海洋公園) -24m

2003年の大晦日にヒサビサに出会ったと思ったら、年が明けたら結構な数に出会えてしまった。

「今週の〇〇~!! 第145回 カノコウロコに近づいた?(2003-05-06)」より
コヤナギウミウシの一種1ygケラマの海で出会ったカノコウロコウミウシの美しさが忘れられず、IOPの海でも会えないかなぁと探し続けているんだけど、なかなかいないですねぇ。その代わりこんなヤツに出会ってしまいました。色が付いてないのが惜しまれるけど、水風船を纏ったゴージャスな姿はちょびっとカノコウロコちっくかな?
その日の午後、美人のノトアリモウミウシに会いました。合わせて1本って感じで満足満足ではあるんだけど、どーせだったら小出しにしないで、カノコウロコウミウシに会わせてよ。ねぇ、ブリマチの神様。(ってブリマチの神様にお願いするのが間違ってる?)

白いコヤナギウミウシの一種1
コヤナギウミウシの一種1(もしゃ)

モシャモシャが白いヤツもいます。一見コヤナギウミウシの一種2と同じに見えますが、モシャモシャの白い部分がコヤナギウミウシの一種1が白い点が密集してるのに対して、コイツはウロコ模様になってます。あと、モシャモシャの中にブドウの種みたいな黒っぽい部分があるのも、コイツの特徴かな?

デカいコヤナギウミウシの一種1超ビッグなヤツがいました~。こんなにデカくなるなんて、衝撃!!
等倍じゃとてもファインダーに収まらなかったから、3cmぐらいはあったでしょう。
これ以上デカくならないでね。怖いから。(^^;;
(2005-02 IOP -3m)

突起の先に赤いゴミの付いたいコヤナギウミウシの一種1背中の突起の先っちょについてるゴミみたいな部分が赤いヤツもいます。
(2006-02 IOP -8m)

本州のウミウシ(ラトルズ)には、コヤナギウミウシ属の仲間として掲載されています。

お勧め Watching Point

春濁りの暗い海底で、岩肌を這っていました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク