海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のウミウシ> その他>クリイロカメガイ

Izuzuki Diver

クリイロカメガイ

Cavolinia uncinata

解説

クリイロカメガイ
2018年2月 大瀬崎 -0m

クリオネのように天使の羽をパタパタさせてプランクトン生活を送るカイです。せわしなくパタパタする姿を見ていると、クリオネのような癒し系キャラにはなれなさそうです。
ちなみに、頭の出っ張りはムシ(甲殻類)が付いているだけで、頭ではありません。

クリイロカメガイこのときは急に黒潮の支流が流れ込んで水温が急上昇したせいか、大瀬崎のビーチには赤潮が打ち寄せていました。
赤潮と言うと汚れた海に発生してサカナを殺すってイメージですが、伊豆で赤潮に遭遇するのは、水が青くてキレイな時が多い気がします。
規模もサカナを殺すほどじゃないし、赤潮の周りには変わったプランクトン生活者がいて、むしろ生き物オタクダイバーのテンションを上げる存在なのです。
(2008-04 大瀬崎 -0m)

お勧め Watching Point

赤潮の傍の水面近くでパタパタしていました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!