海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > ゴクラクミドリガイの仲間

Izuzuki Diver

クロミドリガイ

Elysia atroviridis

クロミドリガイ
2009年4月 大瀬崎 -19m

クロミドリガイは黒なのか緑なのか、名前をキチンと解釈すると黒いはずなんだけど、実際に出会ってみると緑色だったりするのが、たち悪いですね。黒っぽいってことなのかもしれないけど。。。
チャイロミドリガイのほうが、まだ茶色いだけ良心的です。(^^

クロミドリガイの超チビッコ多分クロミドリガイのチビッコだと思うんだけど、目の後ろの隈取模様が気になります。気にして大きな個体を良く見てみると、こっちにもうっすら隈取模様があります。もしかして僕がずっとクロミドリガイだと思ってたヤツって、違う種類だったりして?
(2011-08 大瀬崎 -8m)

クロミドリガイブルーの斑紋が鮮やかな個体でしたが、それよりも背中の色が砂地に積もった有機物(?)と見事に一緒なのが気になります。
砂地に有機物が積もるのを予想してたみたいな不思議な一致です。
(2017-03 大瀬崎 -11m)

お勧め Watching Point

岩肌を這っていました。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク