海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のウミウシ> マツカサウミウシの仲間>オセザキホクヨウウミウシ

Izuzuki Diver

オセザキホクヨウウミウシ

Toritonia sp.

解説

オセザキホクヨウウミウシ
2011年12月 大瀬崎 -53m

「今週の〇〇~!! 第453回 美しき残念賞(2012-01-07)」より
今シーズンはフタイロハナゴイの超当たり年で、「これはきっと南方系のあんなハナダイやこんなハナダイがやってきてるに違いない」とモーソーを膨らませて深場に降りてみましたが、まぁそんな簡単じゃないですね。で、コイツとの出会いは副産物と言うか残念賞だったわけですが、写真にとって見るとなかなかこの色彩は南方系ハナダイに負けてはいませんね。

オセザキホクヨウウミウシの背面このテのウミウシはやっぱり背面も撮影しておかないとね。
(2011-12 大瀬崎 -53m)

日本のウミウシ (ネイチャーガイド)で和名が提唱されました。

お勧め Watching Point

岬の先端@大瀬崎の深場で岩の上を歩いていました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!