海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のウミウシ> ドーリスの仲間>ピコチシオウミウシ

Izuzuki Diver

ピコチシオウミウシ

Aldisa pikokai

解説

ピコカイ
2005年6月 大瀬崎 -34m

このウミウシは、遠目にはドーリス系のありがちウミウシかと思うのですが、背中のクレーターを見れば一発で見分けられる個性派です。
西伊豆では前から目撃情報があって、「スゲーな!見てーな!」と思っていただけに、水中ガッツポーズものでした。
ただ、このクレーターにはゴミは溜らないのか?そんなことがとてもが気になってしまいます。

ピコカイ横から見ると背中のクレーターの形が良くわかりますね。宇宙戦艦ヤマトのブリッジにある計器みたい。
(2005-06 大瀬崎 -34m)

日本のウミウシ (ネイチャーガイド)でピコチシオウミウシの和名が与えられました。種小名のpikokaiは人名(Pikokaさん?)由来だと思うのですが、ピコカチシオウミウシにしなかったのは、2017年にピコ太郎が大ブレイクしたせいかな?

お勧め Watching Point

特にカイメンの上とかではなく、砂地を歩いてました。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!