海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > ウニ・ナマコ・ヒトデの仲間

Izuzuki Diver

ニッポンウミシダ

Oxycomanthus japonicus

ニッポンウミシダ
2014年12月 大瀬崎 -20m

伊豆の海底ではよく見かけるウミシダです。コマチガニやらコマチコシオリエビやらコマチイバラモエビなどが付いていて、ついついダイバーは指示棒でひっくり返してしまうのですが、ひっくり返されると腕をジタバタさせて、なんだかとても嫌がって見えます。人間と同じような「嫌がる」って感情があるわけじゃないとは思いますが、ついついかわいそうになって、ひっくり返すのをやめてしまいます。それがウミシダとウミシダに付く甲殻類の生き残り戦略になっているのでしょうか?

ニッポンウミシダの黒バージョンニッポンウミシダはバリエーションが豊富です。
コイツは一見よく見かける黒タイプですが、触手の先が白いのはレアレアなのです~。(^^)v
(2017-01 大瀬崎 -5m)

お勧め Watching Point

掴まるものさえあれば、どこにでもいる印象です。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク