海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > >

Izuzuki Diver

ウミウ

Phalacrocorax capillatus

解説

ウミウ
2007年1月 大瀬崎 -4m

「今週の〇〇~!! 第596回 学習?(2018-02-15)」より
2018年2月上旬、大瀬崎は深海魚の出現に沸いていました。それと関係あるかどうかはわかりませんが、海鳥たちがあまりダイバーを気にせず狩りをしている気がします。
いつもは突然目の前に現れて、カメラを構える間も無く去って行くイメージのウミウも、僕の目の前で何度も潜行したり、行ったと思ったら戻ってきたりして、こんなに近づいて撮れたのは初めてです。
ダイバーは危険じゃないと学習したのでしょうか?・・・急に?・・・いまさら?(^^;;

潜航中のウミウウミウと言えばせっかく捕まえたエサを鵜飼いに横取りされるトホホなとりってイメージです。
こないだテレビで鵜飼いに使うウミウを捕まえるところを放送してたけど、崖で休んでるところを、後ろの小屋に潜んでる人に足を捕まれるという、これまたトホホな捕まりかたでした。
そんなトホホなウミウですが、水中での動きはなかなかしなやか。特に水面目指して一直線に浮上する姿はロケットみたいでカッコイイんよ。
(2018-02 大瀬崎 -4m)

お勧め Watching Point

たまにサカナを追いかけてるところを目撃しますが、なかなか追いつけない。。。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!