海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のエビ・カニ・他> 海藻・海草の仲間>カギケノリ

Izuzuki Diver

カギケノリ

Asparagopsis taxiformis

解説

カギケノリ
2003年3月 IOP(伊豆海洋公園) -6m

海藻って言うと、若いときはヌルヌルでツヤツヤなんだけど、だんだん固くなって石灰藻にも覆われて、最後は貝に食い荒らされてボロボロになったところを台風に持って行かれる。ってイメージを僕は持ってるんだけど、コイツはいつもフワフワした感じを保っている姿が独特で、どーも海藻っぽくありません。それだけに、コイツは見ていて安心感が持てます。他のヤツラは周りの環境に身を委ねすぎなのが、ちょっと気に入りません。
アントクメやワカメの生き方に心から賛同できるようになれば、僕も少しは自然との調和がとれる人間になれるのでしょうか?(笑)

カギケノリの嚢果ネットでアヤニシキの嚢果から胞子がこぼれ出す写真を見てから、海藻の嚢果が気になるのですが、目が疲れるだけで胞子は見えません。
ところで、この嚢果、どの株にもついてるわけじゃなくて、むしろほとんどの株にはついていないんだけど、なんでだろ?
(2018-05 大瀬崎 -5m)

お勧め Watching Point

カケアガリ@IOPや、外海@大瀬崎のゴロタ地帯に多い気がしますが。。。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。