海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > カイの仲間

Izuzuki Diver

マガキガイ

Strombus luhuanus

マガキガイ
2006年9月 大瀬崎 -7m

カイと言うと下等な生き物ってイメージがあって、その下等な生き物がしっかりした目を持ってこちらを見てると、不気味に感じてしまいます。もっともカイが下等な生き物だってのは人間から見た見方に過ぎなくて、人間とかけ離れた方向に進化しただけなんですけどね。でもやっぱりコイツの目はオーバースペックだと思う。(^^;;

カバミナシとしていましたが、間違いでした。一見イモガイの仲間のようですが、右の目を出すところに貝殻のめくれ上がりがあるのが、コイツの特徴みたい。

マガキガイyg小さいマガキガイが浅場の砂利の上を歩いていました。そー言えば、あまり小さな個体を見た記憶がないけど、小さい時はこんな浅場にいるものなのか?たまたまなのか??
(2010-06 大瀬崎 -1m)

「今週の〇〇~!! 第572回 なんで集まる?(2017-02-08)」より
マガキガイygの群れ湾内にエントリーすると、マガキガイのチビッコたちが固まっていました。
まるで誰かが集めたのをまとめて捨てたかのように何十匹も集まっている姿には、何らかの理由があるような気がしてなりません。
みんな1cmくらいの チビッコ達なので、繁殖じゃないような~?
ホントにマガキガイでしょうか?コイツラ。。。
(2017-01 大瀬崎 -8m)

お勧め Watching Point

外海@大瀬崎でよく出会うイメージがあります。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク