海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > カイの仲間

Izuzuki Diver

コシダカガンガラ

Omphalius rusticus

コシダカガンガラの放卵
2006年1月 大瀬崎 -3m

「今週の〇〇~!! 第281回 ナマコかよっ!(2006-01-31)」より
そろそろ上がろうかなって思いながら、湾内@大瀬崎のゴロタエリアを泳いでたら、「もわん」と白い煙を纏ってるカイがいました。周りを見回すと、同じカイがたくさん集結してて、あっちで「もあん」こっちで「もあん」とやっています。2匹重なってるヤツラもいます。そして重なってるヤツラをじっと見てたら、1匹が粒々したものを「ばひゅっ」と吐き出しました。どうやら集団で放精放卵してるようです。カイの産卵って岩陰で卵塊を産み付けてる姿しか知らなかったから、コイツラの集団放精放卵にはビックリ、「ナマコかよっ!」ってツッコミを入れたくなります。
それにしても、なんとなく集まって放精放卵してるくせに、2匹重なってたりするヤツラは何なんだろ?そんなにくっ付くなら直接交接すれば良さそうなものなのに。しかも、何ペアか見てると♂と♀でどっちが上かも決まってないみたいだし。。。

コシダカガンガラの放精ちょっとわかりにくい写真ですが、こちらは放精するコシダカガンガラです。白いのが精子ですな。
(2006-01 大瀬崎 -3m)

お勧め Watching Point

普段はコイツを意識したことが無いけど、このときは浅い海底に集まっていました。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク