海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のエビ・カニ・他> 巻貝の仲間>ホシキヌタ

Izuzuki Diver

ホシキヌタ

Cypraea vitellus

解説

ホシキヌタ
2008年8月 大瀬崎 -16m

ホントは外套膜がどんな柄か見たかったんだけど、コイツはいつも外套膜を引っ込めてツルツルの貝殻を剥きだしの状態で岩肌に張り付いています。ハナからそんな状態なんで、待っててももちろん外套膜は出てきません。「一体何のために外套膜を持ってるんじゃい!!」と理不尽にも腹が立つのでした。

ホシキヌタ(裏)B面にも細かな模様があって意外と美しい。
(2008-08 大瀬崎 -16m)

少し外套膜が見えるホシキヌタ少しだけ外套膜が見えてるホシキヌタがいました。が、基本引き籠りです。もっと外套膜出さないと殻にフジツボ付いちゃうよ~。(^^;;
(2013-05 大瀬崎 -28m)

お勧め Watching Point

海藻とかモシャモシャした岩肌に張り付いてました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!