海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のエビ・カニ・他> カニの仲間>コノハガニ

Izuzuki Diver

コノハガニ

Huenia heraldica

解説

コノハガニ
1999年6月 黄金崎 -13m

体は堅い甲に覆われてるし、武器(ハサミ)も持ってるし、カニという生き物は一見強そうなんですが、実際に海に潜ってみると常に捕食者に狙われてる弱い生き物であることがわかります。日中から堂々と表を歩いてるカニなんてほとんどいなくて、岩の下や砂の中に隠れているか、サンゴや海藻に擬態しています。海藻に擬態するカニとして有名なコノハガニは、動かなければ絶対見つけられないと思われるほど、海藻にそっくりな体をしています。にもかかわらず、用心に用心を重ねていると言う事なのか、大抵頭に海藻の切れ端をくっつけているのがカワイイ。

ちなみに図鑑を見ると♂は3角形だけど♀は5角形と書いてあるんだけど、僕が見たことあるのはほとんど3角形です。♂が圧倒的に多いのか、それとも僕が♀を見つけ出せないだけ???

コノハガニbigう~ん、僕が今まで見てきたコノハガニの常識を覆すデカさでした。海藻の中に紛れてるのを何がなんだかわからない画になっちゃうので、ちょっと表に出てもらったんだけど、平らなところではうまく歩けないところはコノハガニそのものでした。

コノハガニ♀♂も面白い形をしているけど、♀の形も面白い。この性的2型は何か意味があるんだろうか。
(2008-05 -5m 大瀬崎)

お勧め Watching Point

伊豆各所で海藻を探せば割とあっさり見つかります。IOPではオクリダシで減圧のお供にいかがですか?

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!