海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のエビ・カニ・他> カニの仲間>コブカラッパ

Izuzuki Diver

コブカラッパ

Calappa gallus

解説

コブカラッパ
2004年2月 IOP(伊豆海洋公園) -5m

コイツはオクリダシの石ころと同化していて、じっとしてると全く目に留まらないんだけど、それだけに歩いている姿は「石ころに短い足が生えてテケテケ歩いてる・・・」って感じでおちゃめなのです。
コイツもカラッパだから巻き貝をバリバリ剥いて食べたりするんだろうけど、そんな凶悪な姿はあまり見たくないような。。。
これって、「アイドルはウ○コなんかしない」って言い張るヤツ(今時いないかそんなヤツ)と同じ感覚?

コブカラッパカスリハゼぽい輪郭の物体が水底に落ちてたんでホントにハゼか確かめようと慎重に近づいてたら、何やらモゴモゴ食べながらコイツが目の前を横切って行きました。ハゼのような物体をほとんど踏みつけるぐらいの至近距離を通過して行ったのに、その物体はピクリとも動かなかったもんだから「なんだ~ハゼじゃないの~?」とガッカリした瞬間、巣穴に引っ込まれました。(・・)
その見事なハゼの寄りかたを教えて下さい。m(__)m
(2005-10 大瀬崎 -21m)

コブカラッパ黄色バージョンに出会いました。
色合いといい、質感といい、黄色いカイメンへの擬態が見事です。
でも、黄色いカイメンが生えてなさそうな岩の表面にいたらダメじゃん!
(2017-12 大瀬崎 -8m)

お勧め Watching Point

砂地ならあまり環境は選ばないかも。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!