海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > イカ・タコの仲間 >

Izuzuki Diver

マダコの一種2

Octopus vulgaris

解説

マダコの一種2
2018年1月 大瀬崎 -8m

「今週の〇〇~!! 第594回 謎多きタコ(2018-01-12)」より
水温が急激に下がって、秋の海の賑やかさがなくなりつつある先端@大瀬崎で、小型のタコが交接してました。
名前が思い浮かばなかったのですが、イカタコガイドブックで言うところのマダコ属の一種だそうです。後日イカタコガイドブックの著者の一人である安部さんに、教えていただきました。ありがとうございます‼
でも、よく見るとオスの交接腕、メスをスルーしてるような。。。いったい、どこに向かっているのでしょうか?
そして、メスは何かにかじりついてるように見えるのですが、なんだろう?

マダコの一種2の交接この種類のタコの交接は、精子の入ったカプセルを持った、オスの交接碗をメスに差し入れるだけなので、見た目がジミです。(^^;;
(2018-01 大瀬崎 -8m)

お勧め Watching Point

ゴロタエリアにいました。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!