海の生き物大図鑑(笑)> 番外編(伊豆で逢いたい!!)> 伊豆で逢いたいサカナ>ニラミハナダイ

Izuzuki Diver

ニラミハナダイ

Pseudanthias ventralis ventralis

解説

ニラミハナダイ(オス)
1999年9月 小笠原 -50m

最近友人の影響でハナダイ好きになりつつある僕が、小笠原でぜひとも見たいと思ってた魚がこのニラミハナダイです。

僕がこの魚に会ったとき、メスが数匹いてオスが一匹構成の群れで、意外なことに水中では柄がシンプルなメスの方が目立ってました。恐い顔と対照的に臆病な魚で、近づくにつれどんどん隠れてしまいます。でも、写真のオス(まだメスの面影があるみたいだけど)は最後まで僕に向かってニラミをきかせてくれました。案外メスの方が写真を撮りにくいのかもしれません。
こんなキレイな魚なのに、ハナダイに興味がない人に写真を見せると、「ふーん」ですまされてしまうのが、ちと悲しい。。。

ニラミハナダイ(メス)あまりはっきり撮れてないんだけど、これがニラミハナダイのメスです。
幸い(?)ストロボの光がちゃんと当たってないんで、水中で見たままのイメージに近いんですが、コントラストが効いててきれいですね。背中の黄色はかなり目立ちます。

お勧め Watching Point

僕は小笠原で見ましたが、久米島でも見られるようです。ただ、ちょっと深いので、条件が整わないと見に行けないので、空いてるときにリクエストするのが良いと思います。