海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > トラギス・ギンポの仲間

Izuzuki Diver

トウシマコケギンポ

Neoclinus toshimaensis

toushimaRed.jpg
2005年2月 IOP(伊豆海洋公園) -5m

この紅顔の美少年(?)はトウシマコケギンポです。いつも岩の穴から顔だけを出してきょろきょろしてるカワイイ奴です。小指の先ほどの大きさしかない小さな魚ですが、あんまり棲み家を替えないんで同じ奴に何度も会えます。また、いろんなカラーバリエーションがあって楽しいですぜ。
こいつを見つけたら指を近づけてみましょう。口をがばっと開けて一生懸命威嚇するんだけど、これがまたオチャメなのですが、あんましいじめちゃカワイソウですね。

トウシマコケギンポ黒彼(彼女?)はちょっと髪が長いですね。八幡野の浅いところ(-6m)の岩の上のほうにいたんで、波に煽られて写真を撮るのは大変でした。

トウシマコケギンポ(エンジ) こいつはIOPのオクリダシの同じ所に、もう一年以上でしょうか、いっつもいます。もうだいぶスレちゃってて、ダイバーが顔を近づけてみてようが、指を近づけようがお構いなしで、表情ひとつ変えません。
おもしろくない奴だけど、いなくなって欲しくないなぁ。
(1999-12 IOP -6m)

トウシマコケギンポ(全身)こいつはオクリダシ@IOPの岩に貼りついてました。トウシマコケギンポの全身ってあんまり見たこと無いから、トウシマなだけにシマシマが10本あるか確認しちゃいましたヨ。ありました。 ところで、トウシマコケギンポはやっぱり穴から全身出ちゃうと、ただのにょろにょろした魚で、かわいくないですね。友人(女性)曰く、「鍛えられてない体でガッカリ」だそうです。。。(^^;;;

注)トウシマコケギンポの名前の由来は、塔島(とうしま)という地名から来ているそーです。

顔の黒いトウシマコケギンポふと気が付けばTKG(Toushima Koke Ginpo.)を撮影するのはかなり久しぶりになってしまいました。黒い顔はTKGの婚姻色なのだそうですが、こんなデコボコした顔で迫られるのは恐いよね。
(2005-12 IOP -5m)

お勧め Watching Point

東伊豆や伊豆大島で波の当たる浅場の壁を探すと会えます。意外と他では聞かないですね。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク