海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のサカナ> サメ・エイの仲間>アカシュモクザメ

Izuzuki Diver

アカシュモクザメ

Sphyrna lewini

解説

アカシュモクザメ
2018年9月 神子元島 -20m

「今週の〇〇~!! 第611回 たまには大物狙い(2018-09-16)」より
ダイバーの間ではハンマーヘッドシャークと呼ばれているシュモクザメの一種です。文字通り頭の形がトンカチのようになっているのですが、真横から撮ってしまうとわかりませんね。(^^;;
僕は特に大物好きダイバーというわけではありませんが、いずずきを表明しているからには、伊豆半島でで会える生き物たちにはできるだけ会っておきたいという野望はあります。
・・・ってことで、ハンマーが好調らしい神子元に行ってみたら、潜行直後にいきなり出会ってしまいました。(嬉)
実はCカードを取りたての1990年代に、神子元には何回か通ったことがあるのですが、だいたいタカベウォッチングで終わっていて、ハンマーに出会うなんて本当にラッキーなことという印象だったのです。でも、神子元のハンマーも研究が進んでいて、昔に比べると遭遇率は格段にアップしているようなのです。
ま〜それでも、会えないときはかすりもしない、ギャンブルには違いないですが。。。

お勧め Watching Point

水温の高い時期の神子元で会えるかも。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!