海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > その他

Izuzuki Diver

ムスジコショウダイ

Plectorhinchus vittatus

ムスジコショウダイ
2003年10月 IOP(伊豆海洋公園) -8m

常にヘロヘロと泳ぐ大変な人生を選択してしまったコショウダイの仲間のチビですが、エサはどーやって食べてるのでしょう?
ヘロヘロしながら流れてるエサに飛びかかるんだとしたら、もの凄い動体視力ですよね~。また、ヘロヘロしてるのはダイバーが見てるときだけで、実は普段は普通に泳いでる魚だったりするんだったら、それはそれで見てみたいと思ってしばらく観察してみました。
「ヘロヘロヘロヘロヘロヘロヘロヘロヘロヘロヘロ・・・」やっぱり普通のサカナのようには泳がないようです。
とそのとき、「・・・ヘロヘロヘロヘロヘロヘロピタッパクッヘロヘロヘロヘロヘロヘロ・・・」一瞬だけ動きを止めて海底を突きました。
ほほー!!食事をする一瞬だけ動きを止めるとは言え、やっぱり凄い動体視力なんでないかい?

ムスジコショウダイyg少し大きくなってくると、ヘロヘロ具合も緩やかになってきます。ヘロヘロをやめるときって、ビミョーにヘロヘロしてるようなしてないような、、、って動きになるでしょうかねー。
(2004-11 IOP -7m)

お勧め Watching Point

IOPには死滅回遊魚のシーズンに現れます。岩場の砂溜りとか、砂地の石のそばでヘロヘロしています。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク