海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のサカナ> その他>メガネウオ

Izuzuki Diver

メガネウオ

Uranoscopus bicinctus

解説

メガネウオ
2018年5月 大瀬崎 -20m

メガネウオって普段は砂の中に潜ってて、コツを知ってないと全然わからないんだけど、砂を払いのけると怖い顔が出てきます。ここで知らない人は薄べったい魚だと思うみたいなんだけど、掘り起こすとでっぷりした魚が出てくるので、結構びっくりします。

メガネウオ普段の姿はは砂に描いてある顔です。(笑)
(2006-01 大瀬崎 -15m)

メガネウオのちょっと引いた画ホントはもっと砂をかぶって潜んでいるのですが、砂を払ってみました。背中がまっ平らになっているのが見事ですネ。
(2006-01 大瀬崎 -15m)

横顔立体感のある横顔。逃げない程度に砂を払う加減が難しい。。。(^^
(2007-08 大瀬崎 -24m)

砂に潜ってるメガネウオすっかり潜ってる姿です。
あんなでっぷりしたサカナが潜ってるのに、このナチュラルな仕上がりに職人芸を感じます。(笑)
(2017-06 大瀬崎 -3m)

「今週の〇〇~!! 第602回 顔がデカい理由(2018-05-26)」より
砂に潜るメガネウオメガネウオって、あの分厚い体で砂にすっかり潜って、ちょうど顔だけ出してるのが見事だと常々思っているのですが、その砂潜りをじっくり観察できました。
口から取り込んだ水をエラから勢いよく出して、どんどん潜って行く姿は、滑稽な見た目ですが実にスムーズ。あのデカい顔にも理由があるのですね。(^^
(2018-05 大瀬崎 -20m)

お勧め Watching Point

大瀬崎の湾内が確率高いです。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!