海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > その他 >

Izuzuki Diver

ハナビラウオ

Psenes pellucidus

解説

ハナビラウオ
2018年2月 大瀬崎 -1m

ハナビラウオって、クラゲに付いてる幼魚の姿しか見たことがなかったので、こんな長細いヤツがハナビラウオとは思えませんでした。でも、ネットで調べたところ、オトナになると体高が低くなってスレンダーになるみたいです。コイツはクラゲ離れの遅い個体なのでしょうか?顔はよく見かける鼻ぺちゃの幼魚顔のままなのが、アンバランスでちょっと違和感。。。(^^;;

ハナビラウオこのときは水面付近に漂うピンク色のキレイなクラゲに付いていました。やや、こりゃフォトジェニックだあいと思って、懸命にカメラを構えたんだけど、クラゲの触手が結構長くて顔を刺されそうだし、魚達はクラゲの傘の中に隠れちゃうし、結構大変でした。水面でバシャバシャもがいてる僕の姿は溺れてるように見えないかなぁって心配もしたりして。。。。そうして出来上がった写真は、ブレブレのボケボケばっかり、一応写ってるやつも露出のミスでクラゲの色が出ていない。。。期待してただけに、がっかりでした。(x_x)

お勧め Watching Point

春のクラゲが狙い目?

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!